Share

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

紫外線が
もたらす
肌への影響

「日焼け止めを塗りなさい」というアドバイスは、何度も耳にしたことがあると思いますが、なぜだかご存知ですかこの記事では、日焼け止めを塗らずに直射日光を浴びると、何が起きるのかを見ていきましょう。

日焼け止めは毎日塗りましょう。日焼け止めを塗らなくてもいいように感じる日もあるかもしれませんが、どんなに空が暗くても、紫外線は常に降り注いでいます。あなたの肌は曇りの日でも、紫外線の危険にさらされているのです。

日焼け止めを毎日塗ることの大切さを痛感していただくために、日焼け止めを塗らずに直射日光にあたった場合の肌へのダメージを見ていきましょう。

アトモスフィア エアリー ライト SPF50 / PA++++

アトモスフィア エアリー ライト SPF50 / PA++++

紫外線のダメージから肌を防ぐ“SPF50/PA++++のしっかりした日焼け止め。

肌の表面には、水分の蒸発を防ぎ、刺激物微生物が肌に侵入するのを防ぐための保護層があります。肌を保護する上で大事な役割を果たしているのは、角質と皮脂膜です。紫外線は、この皮脂を酸化し、保護層全体の働きを弱めてしまいます。

こんがりと焼けた小麦色の肌に魅力を感じない人はないでしょう。残念ながら、ビーチでよく見かけるブロンズ色の肌は、本来の防御機能が働いた結果なのです。肌が紫外線に晒されると、メラニン(紫外線を吸収し、細胞を保護するための色素)が生成され、肌は小麦色になります。それが過剰に起こることによってシミなどの色素沈着引きおこします。つまり、日焼けは体内がダメージを受けないように、肌が一生懸命防御しているということなのです。

メラニンを生成する細胞は、表皮の奥の(基底層)にあります。そこに紫外線が透過したということは、その上にある層はすべてダメージを受けているとも言えます。

毎日、日焼けめを塗りましょう。後で、肌に大きな違いが生まれます。


加齢は自然なプロセスですが、肌の老化の原因の80%は、紫外線A波(UVA)紫外線B波(UVBだということはご存知でしたか? ある研究によると、遺伝が老化の原因に占める割合は20%であることが明らかになっています。これは、肌の老化が、年齢よりも、紫外線などの影響によるところが大きいことを示唆しています。

肌の老化の80%は、紫外線A波(UVA)紫外線B波(UVB)が原因です。



肌に含まれる構造タンパク質のコラーゲンは、ヒアルロン酸エラスチンと並び、健康的な美しい肌に欠かせない大切な成分です。コラーゲンは、肌にハリと弾力をもたらす大事な役割を果たしています。しかし、肌が紫外線にさらされるとこのコラーゲンが分解され、減ってしまうのです。ある研究では、日焼けで痛んだ肌は、健康的な肌に比べてコラーゲン量が少ないことが明らかになっています。肌のコラーゲン量が低下すると、
シワたるみなどの早期老化を引き起こします。

紫外線の怖いところは、瞬時に細胞にダメージを与えるところにあります。わずか数秒でも、DNAを破壊できてしまうのです。そう考えると、暑い日の午後に、車までちょっと移動するだけでも、かなり危険だとわかります。最近公表された研究によると、短時間に受けた紫外線のダメージは、その後も、何時間も継続することが明らかになっています。

肌が紫外線にさらされると、体内でフリーラジカルが生成されます。フリーラジカルは、健康な細胞を傷つけ、細胞ダメージの連鎖を引き起こす不安定な分子です。極端な例では、細胞の遺伝子が傷つき、皮膚ガンの発生につながる場合もあります。日差しが強く、色白の女性が多い国で皮膚ガンの確率が高いのはそのためです。

幸運なことに、紫外線対策はそれほど難しくはありません。次のヒントを参考に、差しからしっかり肌を守りましょう。

ベタベタする日焼け止めが苦手な場合は、さらりとしたエマルジョンタイプがおすすめです。



  • 毎日必ず、SPF30、PA++ 以上の日焼け止めを使用しましょう。「SPF」は紫外線B波、「PA」は紫外線A波をカットする目安のレベルです。.

  • 日焼け止めが肌になじみ、効果を発揮するまでには15分は必要です。日焼け止めは、外出する15分前までに塗るようにしましょう。

  • ベースメイクルースパウダーでのUV対策だけでなく、日焼け止めを使用しましょう。ある研究によると、ベースメイクルースパウダーだと、1回の使用量が紫外線対策の効果を得るために必要な分量に全く届かないことが明らかになっています。

  • 日焼け止めは2時間ごとを目安に、また水で落ちた場合もつけ直しましょう。メイクをしている場合は、日焼け止めスプレーパウダーを使用しましょう。肌をしっかり守るために、まんべんなく、十分な量を塗るようにしてください。

  • 日差しが最も強くなる時間帯は、午前10時から午後2時です。この時間帯に外出する場合は、SPF50、PA +++の日焼け止めを使用し、つばの広い帽子を被って、できるだけ肌を覆うように心がけましょう。

頼れるスキンケア化粧品を選んで、
今も未来もクリアな素肌へ。

フェイシャルトリートメント
エッセンス

SK-II独自のピテラ™を90%以上含む、SK-IIを代表するエッセンスです。

アトモスフィア CC クリーム SPF50 +/ PA++++

SPF50 PA++++ の日焼け止め。紫外線から肌を守り、なじみのいい色味で気になる部分を自然にカバーします。

アトモスフィア エアリー ライト UV エマルジョン SPF30 / PA+++

空気のような軽い使用感のやけ止ベタベタする日焼け止めが苦手な場合は、さらりとしたエマルジョンタイプがおすすめです。

アトモスフィア エアリー ライト SPF50 / PA++++

紫外線のダメージから肌を防ぐ“SPF50/PA++++ のしっかりした日焼け止め。