Share

  • Twitter
  • Facebook
  • Pinterest

明るい目もとを
めざして


目の下のクマは、実年齢より老けて見える原因になります。ここでは、目元のクマを解消するためのコツをご紹介します。

クマは主に2種類に分かれます。白の人はがかったいクマ、浅黒の人はグレーがかったグマになる傾向があります。いずれも血管した色素が透けて見えるのが原因です。目の周りの皮膚は、顔の他の部分に比べて4分の1の薄さしかないため、敏感で傷つきやすいのです。

目尻のシワ スキンパワー アイ クリーム | SK-II (SK2 エスケーツー)

スキンパワー アイ クリーム

キレイをパワーチャージ。いきいきとした印象のもとへ。

睡眠不足になると、覚醒作用のあるストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が活発になります。コルチゾールは血圧を増加せるため、血管が膨張して目立ってしまいます。寝不足の翌日にクマがひどくなるのはそのためです。

また、加齢クマの原因に数えられます。年齢を重ねると、肌の弾力は失われ、新陳代謝も衰えていきます。そのために皮膚がさらに薄くなり、デリケートな目元は特に目立つのです。また、目の周りの皮膚はとても薄いため、紫外線などの環境ダメージを受けやすく、色素沈着でさらにクマが濃くなることがあります。

コルチゾールは血圧を増加せるため、血管が膨張して目立ってしまいます

明るく、美しい目元は若々しい印象を与えます。目の下にクマがあると、寝不足で疲れているような印象を与えてしまうもの。以下の方法を実践して、明るい目元を保ちましょう。

スキンケアに欠かせない紫外線対策。紫外線は肌の老化を促進するだけでなく、とてもデリケートな目元に色素が沈着する要因となります。スティックタイプか、にじみにくい日焼け止めを選び、朝のスキンケアの際に、薬指で目の下、まぶた、目頭目尻などに優しくパッティングするようにつけると、肌になじませやすくなります。

目元ケアの際には、デリケートな皮膚をこすらないように、薬指で優しくパッティングするようにつけましょう。

毎日のスキンケアに、目元ケアステップを取り入れましょう。アイクリーム、アイジェル、美容液などから、自分のタイプ質感の好みに応じて好きなものを選びます。大半の目元ケア商品は、複数のエイジングサインに同時に働きかけます。

ジェル美容液はさらっした仕上がり、アイクリームはより濃厚な仕上がりになります。植物抽出エキスなどの整肌成分を配合した、兼用のものを選びましょう。

アイクリームをつける際には、軽くマッサージして血行を促進し、明るい目元へと導きましょう。目の周りの皮膚はとても薄くデリケートなため、ひっぱらないように注意しながら、指先で優しく押さえるようにパッティングするのがコツです。

マスカラアイライナーをゴシゴシこすって落とすのは厳禁。目の周りの皮膚はとてもデリケートなため、傷つけたり、かゆみなどを引き起こして、クマが余計に目立ってしまいます。力を入れなくてもスルリメイクが落ちるオイルクレンジングを使用し、指先で丁寧になぞるように優しくメイクを落としましょう。

目の周りの皮膚はとても薄いため、少しこすっただけでも傷ついたり、ダメージの原因になります。かゆくても、絶対に手で目をこすらないでください。アレルギーでむくんだり、かゆみがあるときには、刺激ないことが大切です。


頼れるスキンケア化粧品を選んで、
明るい目もとをめざしましょう。

フェイシャルトリートメント
エッセンス

SK-II独自のピテラ™を90%以上含む、SK-IIを代表するエッセンスです。

スキンパワー
エアリー

みずみずしく軽い感触の乳液で、キレイをパワーチャージ。弾むような、うるツヤ肌へ。

スキンパワー
アイ クリーム

有効成分たっぷりの、軽い質感のアイクリームで、キレイをパワーチャージ。目の周りも、弾むような、うるツヤ肌へ。

アトモスフィア エアリーライトUVエマルジョン SPF30 / PA+++

空気のような軽い使用感のけ止め美容乳液 (SPF30PA+++ )。紫外線環境から肌を守り、肌を健やかに保ちます。