フェイシャル トリートメント エッセンス

( 296 )
40
購入する

スキンケア・アドバイス

夏の スキンケアで誤解しがちな4つのこと

紫外線が与えるダメージや夏のスキンケアの「常識」を徹底解明

一年を通じて日焼け止めを使った方がよい。これはもはやスキンケアの常識です。特に紫外線 にさらされることの多い夏には、日焼け止めは欠かせません。でもそれ以外に、正しい夏のお手入れについて私たちはどれだけのことを知っているでしょうか。夏のスキンケアにまつわる4つの誤解を解明し、正しい夏の美肌対策をご紹介します。

誤解その1:夏は肌がオイリーになるので、保湿はあまり気にしなくていい。

オイリー肌のもととなる余分な皮脂は、実は肌の水分不足への反応として生成されるものです。ですからこまめな保湿は、過剰な皮脂の分泌を抑えてくれます。とはいえ高温多湿な夏、すでに顔がベタついている時に、ますます肌をテカらせるのは避けたいもの。SK-IIを代表する フェイシャル トリートメント エッセンスは、軽やかな使い心地のエッセンス。クリームの重さを感じることなく、素早く浸透して肌を潤し回復させ、肌表面の再生サイクルを整えて肌のトーンを均一にします。

誤解その2:SPF値が高ければ、肌が黒くなったりシミができたりしない。

UV SPFが有害な紫外線や日焼けによるダメージから肌を守ることは事実です。そしてさらにSK-IIの研究により、紫外線による目に見えないダメージ「曇り」が蓄積されることで肌本来の輝きをブロックし、肌表面が暗く、ツヤのない印象を与え、シミの原因にもなることが分かりました。そうなる前に、最新のジェノプティクス オーラエッセンスで肌をしっかりと守りましょう。曇りを解消する美白美容液で、今も、未来も、シミを忘れる輝くオーラ肌へ。

誤解その3: 紫外線カット、美白、カバー力は同時に実現不可能。

夏にこってりしたクリームとメイクを重ねづけするのは、重く見える上になんだか肌が厚ぼったい感じがして嫌なもの。このため多くの女性は、メイク時にいくつかのステップをあきらめなくてはいけません。例えば、メイクを優先して、スキンケアのステップをひとつかふたつ控える。あるいは、日焼け止めや美白スキンケアを使い、その上に昼間にはとれてしまうような軽めのメイクをする。でも SK-IIの オーラアクティベーター CCクリームを使えば、メイクのためにスキンケアを犠牲にすることはありません。肌なじみのいい色味と軽いテクスチャーで、気になるところをしっかりとカバー。また、美白成分に加えSPF 50+/ PA++++で、紫外線をカットし、日焼けから肌を守ります。気になる部分をカバーして輝く夏のオーラ肌へ。

誤解その4: 暑い時水をシュッとスプレーすれば、肌が潤い、リフレッシュできる。

水を肌にふきかけると、確かに一時的にさっぱりしますが、実はそれにより表面の水分が蒸発し、肌の乾燥と脱水を招き、かえって肌トラブルを招く可能性があります。肌の水分補給には、SK-IIの ミッド-デイ ミラクル エッセンスをお使いください。ピテラ™ をはじめとする有効成分がメイクの上から肌に浸透し、潤いを強化する、便利なミストタイプです。

フェイシャル トリートメント
エッセンス

( 296 )
40
購入する

ジェノプティクス
オーラエッセンス

( 45 )
45
購入する

オーラアクティベーター
CCクリーム

( 39 )
45
購入する

ミッド-デイ
ミラクル エッセンス

( 4 )
45
購入する
閉じる X

ご登録ありがとうございます